鳥居の注文住宅 プロセス

customhouse_process01

・確認申請〜地縄確認〜地盤調査

お客様と十分打合せを行い、作成された図面を確認検査機構に申請をします。
許可が出たら地縄、配置確認。地盤の調査を行います。
地盤調査データーに基づき、必要な場合、建物に応じた地盤補強を行います。

・基礎工事

建物の礎となる基礎部分の作業。

【地業】

砕石を敷均し、ランマーによる締固めを行います。

【配筋】

設計図書に指定された鉄筋(異形鉄筋)を正しく配筋、コンクリート打ち込み完了まで動かないよう、十分堅固に組み立てます。
配筋完了後、正しく配筋されたか工事監理者による配筋検査を行います。

【型枠・コンクリート】

型枠はコンクリートの打設衝撃に歪が生じないよう、堅固に組立て確認を行います。
コンクリートは適正な呼び強度のレディーミクストコンクリートを型枠内に挿入し振動機などで十分締固めを行います。打設後型枠は適正な期間養生を行い取外します。
基礎完成後出来形、レベル、配置等の基礎検査を行います。

・本体工事

【建方】

構造材は加工工場でプレカットされた材料、指定された金物、釘を使用し、現場にて組み立てを行います。

【屋根】

構造用合板の上にライナールーフィング等を規定寸法の重ねを確保しながらタッカー釘などで締め付けます。その上に、瓦、ガルバリウム鋼板(瓦棒等)などの仕上げ葺きを行います。

【外壁】

湿式工法

構造用合板の上に防水シート、ラス張りの上に軽量モルタルにて下塗り、上塗りを行います。
十分乾燥したのち、仕上げの吹付塗装を行います。

乾式工法(サイディング、パワーボード等)

構造合板の上に透湿防水シートを張り、通気胴縁を柱、間柱等にしっかりとめつけます。
サイディング等の化粧材は横張、縦張りの施工方法により張り付けることができます。

【内部】

断熱材

1階床面にはポリエチレンフォームを充填します。
外壁面内壁、小屋裏等外気面に高性能グラスウール又は住宅用ロックウールを充填します。

内装

床のフローリング、木製建具、窓枠等はベテラン大工により加工取付を行います。
壁、天井はせっこうボード厚み12.5mmをボードビスにて規定のピッチで留めつけます。
仕上げはクロス、タイル張り、塗装などにて仕上げを行います。

住設機器

内部仕上げ後キッチン、洗面、便器などの機器の取付を行います。

・竣工〜お引渡し

工事完成後、社内検査、手直しを行うとともに、検査機関にて完了検査を行います。
最終チェック、手直し完了後お引渡しを行います。

Copyright(c) 2018 株式会社 鳥居工務店. All Rights Reserved.

〒541-0052 大阪市中央区安土町二丁目3番13号
電話:06-6260-0961(代表) FAX:06-6260-0965